目尻のシワを消す方法を公開

女性のライフステージとスキンケア

 



 

年代別皮膚トラブル

ホーム

女性のライフステージを皮膚トラブルはエストロゲンという女性ホルモンと深く関わっています。
女性ホルモンが増加する10代20代は、ニキビの悩み仕事行く時に頑張る20代〜30代はストレスにより大人のアトピー性皮膚炎に悩む方が増えています。
エストロゲンが減少する更年期には口囲工皮膚炎などに悩む方が多くいらっしゃいます。

 

そんな方には是非、エクオール+ラクトビオン酸を使お勧めします。

 

大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて産生される成分エクオール。
女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」によく似た働きをするものとして知られています。

 

ホーム

 

20代〜30代の保湿

10代〜20代はニキビで悩む方が多くいらっしゃいますが、ニキビは皮膚科で早期に治療することが大切です。
外用薬と保湿性なるスキンケア製品を組み合わせることが重要です。
アトピー性皮膚炎は受験や就職ごとの多忙家族の病気看病など環境の変化で赤することがありますが、
皮膚の乾燥も大きく関係するので、入浴や洗顔は洗いすぎに注意して保湿を第一に考えましょう。

 

40代から肌を見直す

エストロゲンが減少する更年期は、心身の不調とともに肌の状態も不安定になる時期です40代はスキンケアを見直す時期でもあります。
過度の保湿が皮膚の常在菌のバランスを崩し、口囲皮膚炎などのトラブルを招きます。
洗いすぎ、こすりすぎ、保湿のしすぎに注意して、睡眠栄養に気を配り、日ごろから健康管理を怠らないことが大切です。

 

皮膚を守る正しいスキンケア

 

スキンケアの前に

皮膚は体を保護する、身体の内の水分を保つ、痛みや湿度等を感知する、発汗によって体温を調節する、など多くの精巧な機能を持つ人間最大の臓器です。
そんな精密な働きをする表皮の熱さは約0.2ミリ、1番外側の角層は0.01ミリから0.02ミリと言う薄さです。ラップフィルムより薄いこの角層をいかに大切に保つか、
スキンケアとはいわば角層ケアと言い換えることができます。
ケアの用心3つの「ぱなし」
1つは「汚れっぱなし」。良質な洗浄剤で角層を洗浄する、こする必要はありません。やさしくそっと0.1ミリのフィルムに触れるよう意識しましょう。
2つは「濡れっぱなし」。濡れたらすぐに拭くこと。しわ、くびれ、わきの下、乳房の下なども忘れずに。指は1本ずつ丁寧に。
3つめの注意点は擦れっぱなし。皮膚を優しく丁寧に扱うことは大前提。下着は洗ってから着る、下着や洋服の首うらや裾脇の商品タグを取るなど、
少しの手間が皮膚トラブルの回避につながります。

 

ホーム

 

保湿剤を活用する

保湿剤は角層を保護し角層内の水分を保持します。
保湿因子・セラミドを配合した保湿剤を活用することで乾燥を防ぎ、皮膚の健康を上手に保ちましょう。

 

 

 

 

ライフステージを見通したスキンケア

 

未来への皮膚の変化

皮膚は年齢に伴って変化しますが、例え同一人物であっても近い将来、仕事は忙しいのか暇なのか、住む地域は暑いのか寒いのかなど、
ストレスや紫外線などの環境によってその変化は大きく異なります。
皮膚は体の最外層にあり、外界からのストレスを受けやすく、自分でも目にすることができるため、真っ先に本人が老化を自覚できる臓器とも言えます。

外因性老化を遅らせる

皮膚の老化は自然老化である内因性のものと、紫外線による光老化や乾燥等によって起こる外因性のものとに分けられます。
内因性の自然老化には逆らえませんが、外因性の原因である紫外線や乾燥を防ぐことで、老化を多少なりとも遅らせることが可能です。

ホーム

紫外線と乾燥のケア

紫外線の中で最も波長の長いUVAは真皮の老化に関与し、波長の短いUVBは色素沈着を促します。
遮光値はそれほど高くなくても、遮光剤はUVAもUVBもカットするものを選びましょう。
また乾燥予防にヘパリン類似物質、尿素、セラミドなどが配合された保湿剤の活用も有効です。
光対策も乾燥対策も遅すぎる事はありません。
日々わずかの時間のケアが輝きを失わない、いい年の取り方へと導くはずです。

高齢者の皮膚ケアのポイントとは

まずは乾燥対策です。
しっかりと保湿して皮膚の表面のバリア機能を整えることで様々なトラブルを回避できます。
寝る前に保湿剤を活用して皮膚の表面にうるおいを保ちましょう。

 

 

頭皮のかゆみはどうすればいい

頭皮も皮膚の延長なので、強く擦ると当然刺激を受けてしまいます。
ゴシゴシこすってしまうと逆効果になるので、まずはシャンプーを手のひらで十分に泡立てて、それからその泡で頭皮を撫でる程度にやさしく洗ってみて下さい。

 

 

長年続く乾燥肌を食べ物で直せますか

やはりまずは外側からの保湿に気をつけることが大事です。
食べ物は偏食せず、バランスよく食べることが皮膚の健康為にも良いと思います。
サプリメントは色々なデータがありますが、どなたにも効き目がある万人向けの夢のようなサプリはありません。

 

皮膚を若々しく保つコツとは

やはり1番若々しさをアピールできるのは笑顔でないでしょうか。
しわ1本、シミ1つを気にするのではなく、素敵な笑顔の方が、1番若々しく見えるもの。
不機嫌な顔は良くないです。
なるべくストレスを上手にコントロールして生き生きとした毎日を送ることが若々しさを保つ秘訣なのだと思います。

 

焼きをした後は冷やすと良い

日焼け後保冷剤などで急激に冷やすには、皮膚にダメージを与えるので、良くありません。
紫外線は皮膚がんや老化を促してしまいますが、健康ためにはある程度の日光も必要です。
ビタミンDによって、骨が構成されるので、日常生活でお子さんが日差しが当たる程度なら問題ありません。
成長期とは、骨が成長する時期。
乳児にはくる病予防にもなるので、極端な紫外線対策に偏らないことも大切です。